慰謝料請求における証拠の重要性

慰謝料請求を行う際には、不倫・浮気の事実を裏付ける証拠が必要となるのが基本です。
不倫・浮気を裏付ける証拠が一切ないにもかかわらず、慰謝料請求を行うことは現実的ではありません。
このページでは、不倫・浮気による慰謝料請求を行う際に必要となる証拠について、ご説明させていただきます。

不倫・浮気の証拠の例

不倫・浮気の事実を裏付ける証拠の例として、次のようなものが考えられます。

①メール・LINE

配偶者の携帯電話のメール・LINEを確認し、性的関係を推測できるような内容のやり取りがある場合には、有力な証拠となり得ます。
不倫・浮気の事実をうかがわせるメール・LINEのやり取りがあれば、その画面を可能な限りすべて写真に撮って保存しておくとよいでしょう。

②ラブホテルの会員カード・領収書

ラブホテルの会員カードや領収書が発見された場合、自分と行ったのでなければ、他の異性と行った可能性が高いということになります。
したがって、ラブホテルの会員カードや領収証は、証拠となり得ます。
しかし、「自分のものではない」、「そんなものは知らない」などと言い訳をされる可能性もあるため、どこにあったかが分かる写真も撮影するのがよいでしょう(例えば、寝室のごみ箱や車のダッシュボードの中に入っている様子など)。

また、カーナビの履歴に、ラブホテルや不倫・浮気相手の自宅に行った記録が残っていることもあります。

③写真・動画

配偶者が不倫・浮気相手と一緒にラブホテルに出入りする場面を、写真や動画に撮ることができれば、決定的な証拠となります。

駐車場の車内に2人でいる場面、不倫・浮気相手の自宅に出入りしている場面なども、写真や動画に撮ることができれば、証拠となり得ます。
ただし、「相談に乗っていただけである」、「家まで送迎しただけである」などと言い訳をされることも想定されます。
この点、車内であれば、ただ座って話しているだけではなく、キスをしたり、抱き付いたりしている様子などを押さえれば、言い逃れができないでしょう。
また、自宅であれば、入ったときと出てきたときの両方を押さえて、時間を記録することなどが考えられます。

もっとも、これらの写真や動画を撮ろうとすれば、尾行や張り込みをしなければならず、自分で実行するには負担が大きいでしょう。
自分で対応するのが難しければ、地元の信頼できる探偵事務所に依頼することも考えられます。

④誓約書・録音

証拠をある程度確保して、配偶者を問い詰めた際に、不倫・浮気の事実を自供することがあります。
自供の状況を録音できれば決定的な証拠となり得ますので、会話をスマートフォンやボイスレコーダーで録音することが考えられます。
また、不倫・浮気の事実を認めるという旨の誓約書を、配偶者に書かせることも考えられます。
このような誓約書もまた、決定的な証拠となり得ます。

まとめ

慰謝料請求を行う際には、決定的な証拠を確保することが大切です。
不倫・浮気の事実を裏付ける確たる証拠がなければ、希望どおりの結果とならないおそれがあります。
手持ちの証拠だけで十分かどうか、どのような証拠を集めればよいかなど、ご不明の場合には専門家である弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。

弁護士にご相談ください

不倫慰謝料についてお困りの方がいらっしゃいましたら、青森シティ法律事務所にご相談ください。
青森シティ法律事務所の弁護士は、これまでに、不倫慰謝料に関するご相談・ご依頼を多数お受けして参りました。
解決実績も豊富にございますので、ぜひ一度、お気軽に青森シティ法律事務所にご相談いただければと存じます。

当事務所の不倫慰謝料に強い弁護士の対応料金

初回相談料:無料
不倫・浮気による慰謝料請求の依頼
着手金:11万円(税込)
報酬金:獲得額・減額に成功した金額の22%(税込)

不倫・浮気についてはこちらもご覧下さい

●不倫・浮気による慰謝料請求
●不倫・浮気(不貞行為)とは?
●不倫・浮気による慰謝料の金額の相場
●ダブル不倫
●不倫・浮気の証拠
●不倫・浮気による慰謝料請求において想定される反論・争点