慰謝料の相場額

慰謝料

慰謝料とは、精神的苦痛に対する損害賠償金のことを言います。
慰謝料の金額には、明確な基準はありません。
具体的な事情を考慮して、慰謝料の金額が算定されます。

もっとも、過去の裁判例などを踏まえると、不倫・浮気による慰謝料の相場額は、およそ以下のように整理することができます。

①不倫・浮気が原因で離婚に至った場合
150万円~200万円

②不倫・浮気が原因で別居に至った場合
100万円~150万円

③不倫・浮気があったものの、離婚や別居には至っていない場合
50万円~100万円

ただし、上記の金額は、あくまでも目安となる相場の数字です。
個別の事案における様々な事情を考慮して、実際の慰謝料の金額が大きく異なることもあります。

慰謝料が増額・減額となる事情

実際の慰謝料の金額は、個別の事案における様々な事情によって、大きく異なることもあります。
以下では、慰謝料が増額または減額となる事情について、主なものをご紹介させていただきます。

不倫・浮気があった時点における夫婦関係

不倫・浮気の前から夫婦関係が悪化し、不仲となっていたような場合には、慰謝料の金額が低くなることがあります。
また、不倫・浮気があった時点で夫婦が別居し、別居後相当期間が経過していたような場合には、そもそも慰謝料請求が認められないことがあります。

不倫・浮気の期間・回数

不倫・浮気の期間が長く、回数が多いほど、悪質な不倫・浮気であると評価されます。
そして、その分だけ精神的苦痛が大きいと判断されるのが通常であり、慰謝料の増額要素となります。
例えば、数年間にわたって不倫・浮気が継続し、これが原因で離婚に至った場合には、慰謝料の金額が200万円を超えることがあります。
一方で、不倫・浮気が1回限りであれば、これが原因で離婚に至った場合であっても、慰謝料の金額が100万円前後となることがあります。

夫婦に幼い子どもがいること

夫婦に幼い子どもがいる場合には、不倫・浮気が発覚したときの精神的苦痛がより大きくなるため、慰謝料が増額される傾向にあります。

不倫・浮気相手との間に子どもができたこと

不倫・浮気相手との間に子どもができた場合には、不倫・浮気が発覚したときの精神的苦痛がより大きくなるため、慰謝料が増額される傾向にあります。

その他の事情

慰謝料の金額の算定にあたっては、上記の事情以外にも、様々な事情が考慮されます。
慰謝料の金額についてご不明のことがありましたら、まずは不倫・浮気の慰謝料問題に強い弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。

弁護士にご相談ください

不倫慰謝料についてお困りの方がいらっしゃいましたら、青森シティ法律事務所にご相談ください。
青森シティ法律事務所の弁護士は、これまでに、不倫慰謝料に関するご相談・ご依頼を多数お受けして参りました。
解決実績も豊富にございますので、ぜひ一度、お気軽に青森シティ法律事務所にご相談いただければと存じます。

当事務所の不倫慰謝料に強い弁護士の対応料金

初回相談料:無料
不倫・浮気による慰謝料請求の依頼
着手金:11万円(税込)
報酬金:獲得額・減額に成功した金額の22%(税込)

不倫・浮気についてはこちらもご覧下さい

●不倫・浮気による慰謝料請求
●不倫・浮気(不貞行為)とは?
●不倫・浮気による慰謝料の金額の相場
●ダブル不倫
●不倫・浮気の証拠
●不倫・浮気による慰謝料請求において想定される反論・争点